【トップは語る】Jトラスト 東南アジアで銀行ネットワーク拡大 (1/2ページ)

2016.12.21 05:00

 □Jトラスト社長・藤澤信義さん(46)

 --2017年3月期の業績予想は

 「16年9月中間期は39億円の営業赤字を計上した。Jトラストインドネシア銀行(BJI)の再生を加速するため財務体質の健全化を図り、46億円の貸し倒れ引当金を計上。さらにタイのグループリース(GL)の転換社債の時価評価損14億円を計上したためだ。BJIでは店舗閉鎖と人員削減にも着手する。東南アジア事業で負の遺産を一掃し下期から黒字化、持続的な利益拡大を目指す」

 --GLの評価損はどうなった

 「株価は9月末時点の35バーツから60バーツに上昇し、引受時(42バーツ)を上回っており概算で45億円の評価益がある。9月末から60億円盛り返した。GLは東南アジアで農機具やバイクなどのファイナンス事業を展開。信用情報がない国で与信コントロールできるノウハウを持っておりノンバンクとして多角的に成長できるオンリーワン企業になれる。カンボジアでは2年で残高100億円を達成した。カンボジアやラオスは進出した初年度から黒字だ。ミャンマーやスリランカにも参入した」

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。