永谷園「お茶づけ」 約20年ぶりに浮世絵カード復活 抽選に応募殺到 (1/2ページ)

2017.1.7 16:05

永谷園の名画カード「東海道五拾三次」。復活を喜ぶファンは多い
永谷園の名画カード「東海道五拾三次」。復活を喜ぶファンは多い【拡大】

  • 名画カード封入が約20年ぶりに復活した永谷園のお茶づけ商品

 永谷園が約20年ぶりに「お茶づけ」商品に封入を再開した浮世絵の名画カードが話題だ。かつてコレクターを生んだほどのカードの復活とあって歓迎の声があがる。抽選で歌川広重の「東海道五拾三次」が描かれたカード55枚のセットが当たるキャンペーンも復活させたところ応募数は順調に伸びているといい、浮世絵の根強い人気を浮き彫りにした。(中山玲子)

浮世絵ブーム

 名画カードを封入しているのは「さけ茶づけ」や「梅干茶づけ」など5種類の商品で、キャンペーンは今年11月から平成31年1月まで。商品パッケージの応募マーク3枚で1口応募ができ、毎月千人に「東海道五拾三次」のカードセットが当たる。

 すでに11月分の応募を締め切ったが、永谷園広報は「当選枠の千口を大幅に上回る応募を頂いた」と手応えを感じている。

 永谷園が名画カードの復活を決めたのは、世界的に浮世絵への注目が高くなっているからだ。オランダで葛飾北斎のものとみられる作品6点が見つかり、西欧の水彩画の技法が用いられているとの分析が10月に発表された。11月には、すみだ北斎美術館(東京都墨田区)が開館した。

 永谷園は「2020(平成32)年の東京五輪・パラリンピック開催も控え、日本のあらゆる文化が注目されている。日本文化を身近に実感してもらう機会にしてほしい」(広報)と話す。

「とても懐かしい」と喜びの声

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。