携帯3社、4-12月期はそろって最終増益 総務省の“安売り禁止令”が追い風に

2017.2.8 17:36

増収増益の平成28年4~12月期決算を発表するNTTドコモの吉沢和弘社長=27日午後、東京都千代田区
増収増益の平成28年4~12月期決算を発表するNTTドコモの吉沢和弘社長=27日午後、東京都千代田区【拡大】

 携帯電話大手3社の2016年4~12月期連結決算が8日、出そろった。スマートフォンの利用拡大を背景に国内の通信事業が堅調に推移し、ソフトバンクグループ、KDDI(au)、NTTドコモの3社とも最終増益を確保した。

 総務省はスマホの「実質0円」での販売など過剰な値引きを禁止し、大手3社への規制を強化してきたが、販売奨励金の削減効果などが逆に利益を押し上げる結果となった。

 3社の最終利益は、ソフトバンクが前年同期比約2倍の8574億円。米国の携帯事業が為替の影響で減収となったが、ゲーム子会社の株式売却益が寄与した。

 ドコモは19.7%増の5894億円。動画や音楽配信などの通信以外の事業も貢献した。KDDIは15.4%増の4713億円。傘下で格安スマホを手掛けるUQコミュニケーションズの契約数が伸びた。

 売上高はソフトバンクが為替の影響で0.3%減となったが、ドコモは2.5%増、KDDIは6.8%増と順調だった。

■携帯3社の2016年4-12月期最終利益

事業者最終利益(前年同期比)
ソフトバンクグループ8574億円(約2倍)
NTTドコモ5894億円(19.7%増)
KDDI4713億円(15.4%増)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。