携帯3社、農業IoT開発に力 水耕栽培機器や水田センサー販売 (1/2ページ)

3月下旬に発売するIoTの水耕栽培機器を説明する沖縄セルラー電話の加賀武史課長=10日、那覇市
3月下旬に発売するIoTの水耕栽培機器を説明する沖縄セルラー電話の加賀武史課長=10日、那覇市【拡大】

 携帯電話大手3社が、農業分野でモノのインターネット(IoT)サービスの開発に力を入れている。KDDIのグループ会社、沖縄セルラー電話(那覇市)は今月下旬にネット回線を通じて生育状況をカメラで把握できる家庭用水耕栽培機器を発売。ソフトバンクやNTTドコモも水田の水位や水温を把握できる機器を販売している。スマートフォン契約者数の伸びが鈍化する中、収益の多角化を図る狙いがある。

 沖縄セルラーが発売する水耕栽培機器「やさい物語」は、同社のネット通販サイトから全国に発送する。レタスなど葉物野菜を栽培でき、Wi-Fi(ワイファイ)でインターネットに接続することで、内蔵カメラで野菜の生育状況をスマホ専用アプリでリアルタイムに確認できる。

 沖縄県では大半の葉物野菜が県外から輸送されるため、特に台風で露地物野菜が全滅する時期には「レタス1つが1300円以上に高騰することもある」(同社の加賀武史課長)という。こうした事情に対応するため同社は3年前から、県内の通信施設内に建設した野菜工場で、LED(発光ダイオード)で光を与えて葉物野菜を栽培している。

 このノウハウを生かして、育成が進みやすい波長のLEDをやさい物語に採用した。湯浅英雄社長は「通信と同じように、安定した量と値段で野菜を収穫できる。わかりやすい身近な分野からIoTを普及させたい」と話している。

「格安スマホ事業者と競争しながら成長し続けるのは難しい」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。