【ビジネスのつぼ】ミスミグループ本社「meviy(メヴィー)」 (1/3ページ)

2017.3.20 05:00

メヴィーで注文できる金属加工部品。商品の試作や量産に欠かせない
メヴィーで注文できる金属加工部品。商品の試作や量産に欠かせない【拡大】

  • メヴィーの開発にあたったミスミグループ本社金型企業体事業開発室のメンバー。左がリーダーの吉田光伸さん
  • メヴィーの開発にあたったミスミグループ本社金型企業体事業開発室のメンバー。
  • ミスミグループ本社が特別協賛している二足歩行ロボットの格闘技大会「ROBO-ONE(ロボワン)」

 ■図面から簡単に部品、モノづくり進化

 製造現場で使う部品や工具のネット通販を手がけるミスミグループ本社が昨年6月、3次元の設計図面データをもとに金属加工部品を作る新サービス「meviy(メヴィー)」を始めた。商品の開発や生産に従事する企業担当者は、図面データさえ用意すれば、紙で図面を書いたり、加工業者を探したりしなくても入手できる。「製造業向けのアマゾン・コム」とも呼ばれる急成長企業が、モノづくりをさらに進化させようとしている。

 ◆見積もり最短30秒

 新サービス開始直後に東京都内で開かれた「設計製造ソリューション展」。ミスミのブースには、メヴィーのデモをひと目見ようと人だかりができていた。

 デモでは、サービス画面上に図面データをアップロードし、材質などを指定した途端、数メートル離れた場所の工作機械が部品を製作。あまりの早さに、来場者から感嘆の声が上がっていた。サービスの開発責任者で、金型企業体事業開発室の吉田光伸ジェネラルマネージャーは、その光景を見て成功を確信した。

 メヴィーのように、金属加工部品を簡単に注文できるネットサービスはほとんどない。しかも、3次元の図面データを自動認識してブラウザ画面上に再現でき、価格や納期の見積もりは最短30秒で行う。一方、データはプログラム化されて工場に送られるため、早い場合だと2日で出荷される。ほかにも夜間に使えたり、1個から注文できたりするといった利点がある。

 ミスミは以前から、ほしい部品をネット上のカタログから選び、注文できるサービスを展開してきた。さまざまな部品を標準化し、サイズや形状ごとに分類することで、特注の必要をなくしたのが特長だ。

 ただ、あまり形状が複雑すぎると標準化するのが難しい。これに対し、メヴィーは図面データから作るため、かなり複雑でも対応できる。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。