ボタンもスティックも使わず操作、VRで仮想体験 今までにないゲーム機がアミューズメント施設に続々登場 (1/3ページ)

2017.3.21 15:00

VRヘッドマウントディスプレーで高度な楽しみ方ができる「OMNIARENA」
VRヘッドマウントディスプレーで高度な楽しみ方ができる「OMNIARENA」【拡大】

  • 手をかざして操作するバイキング「マジシャンズデッド」
  • ナムコとカルビーがコラボし「ファミスタ」の世界を取り入れたポテトチップスをゲームセンターで展開
  • コーエーテクモウェーブの「VRセンス」
  • バンダイナムコエンターテインメントが今夏にオープン予定の「VRZONEShinjuku」外観イメージ

 VR(仮想現実)で作られた世界で遊ぶ。手のひらを動かして技を出す。アミューズメント施設などで楽しむ業務用ゲーム機が、最先端のテクノロジーによって変わろうとしている。一方で、懐かしいゲームタイトルを蘇らせたゲーム機や景品なども登場。家庭やスマートフォンで楽しむゲームとは違った体験を与えることで、プレーヤーをゲームセンターへと引き寄せる。

 ハドソンが1985年にファミコン向けゲームソフトとして送り出した「ボンバーマン」。30年以上が経つこのゲームの楽しさを取り入れ、名前も「ボンバーガール」とした業務用ゲーム機がコナミアミューズメント(愛知県一宮市)からリリースされる。2月に開催されたジャパンアミューズメントエキスポ(JAEPO)2017のコナミブースには、手に爆弾のぬいぐるみを抱えたボンバーガールがお出迎えをして、懐かしさの上に新しさが乗ったゲーム性で来場者を誘っていた。

 こちらは20周年。タイトー(東京都新宿区)では1997年から稼働を始め、電車運転シミュレーションゲームの代名詞にもなったゲーム機「電車でGO!!」を大型の筐体で投入。運転室を再現した横長のボックスに入って、3面の大型ディスプレイを見ながら操作する。ソフトもグラフィックがリアルになっていて、VRに負けない臨場感を得られそうだ。

 没入感ならVRはやはり凄い。体験すれば誰もがその場所に行ったような気分になれる。そのVRをアミューズメント施設に持ち込もうとしているのがコーエーテクモウェーブ(東京都千代田区)だ。ソニー・インタラクティブエンタテインメントが開発したVRヘッドマウントディスプレーのプレイステーションVRを筐体の中に置き、アミューズメント施設で手軽にVRゲームを楽しめるようにした「VRセンス」を開発した。

「真・三國無双」などが楽しめる見通し

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。