EV充電時間を3分の1に チャデモ協議会、機器規格改定

2017.3.31 05:00

電気自動車用の急速充電器。新規格は充電時間が従来の3分の1程度になる=兵庫県たつの市
電気自動車用の急速充電器。新規格は充電時間が従来の3分の1程度になる=兵庫県たつの市【拡大】

 電気自動車(EV)の普及を目指す自動車メーカーなどが会員となっているチャデモ協議会は30日、EVの充電時間を短縮するため、急速充電器の規格を改定したと発表した。新規格の充電器は自動車メーカーが今後投入する高出力バッテリー搭載モデルで利用でき、充電時間は従来の3分の1程度になる。

 同協議会は、新規格の充電器の設置を年内から高速道路のサービスエリアで始め、当面100基程度の整備を目指す。

 EVは充電に時間がかかるのが課題だった。今後、新規格の充電器と対応モデルが増えれば、EV普及につながる可能性がある。同協議会はトヨタ自動車や日産自動車のほか、東京電力ホールディングス、パナソニックなどが会員となっている。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。