フィラリア症、28年に撲滅 エーザイが治療薬無償提供

2017.4.21 05:00

インタビューに答えるエーザイの内藤晴夫CEO=18日、ジュネーブ(共同)
インタビューに答えるエーザイの内藤晴夫CEO=18日、ジュネーブ(共同)【拡大】

 エーザイの内藤晴夫最高経営責任者(CEO)は20日までに、世界規模で進める熱帯病制圧プロジェクトにより、アフリカなどに蔓延(まんえん)する「リンパ系フィラリア症(象皮症)」を2028年までに撲滅できるとの見通しを示した。共同通信のインタビューに答えた。

 内藤氏は、目標とする20年までの制圧は難しいものの、「完全に撲滅するまで支援を継続する」と言明した。リンパ系フィラリア症は蚊が媒介して感染。患者に足や生殖器が肥大化する障害が出るため、アフリカ・東南アジアなどで長年、多くの人を苦しめてきた。

 エーザイは無償で治療薬を提供しており、20年までに22億錠に上る見通し。アフリカ諸国で治療薬の集団投与が効果を上げていることから「24~28年には撲滅できるだろう」とした。

 プロジェクトを通じて病気がなくなれば「多くの人が仕事に就いて一定の所得を得ることができる」と、経済発展につながるとの見方を示した。

 プロジェクトは世界保健機関(WHO)主導で12年に開始。ドイツのバイエルや米ジョンソン・エンド・ジョンソンなどの製薬大手が参加し、「ハンセン病」「アフリカ睡眠病」など計10疾患の制圧を目指している。内藤氏はジュネーブで開かれたプロジェクトの会合に参加した。(ジュネーブ 共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。