【変わる働き方】(1)残業規制、本質は業務効率化 (1/4ページ)

2017.5.3 05:00

 ■無駄省き「可視化と選別」徹底

 4月上旬、参議院議員会館で行われた超党派の国会議員の集会で、寺西笑子(えみこ)(68)=京都市伏見区=はマイクを握りしめ、険しい表情を崩すことなく訴えた。

 「政府の働き方改革は、まだまだ十分議論されていない。今のままでは過労死を合法化してしまう」

 1996年2月、飲食チェーン店勤務の夫、彰=当時(48)=を亡くした。厳しい売上高のノルマを課せられ、過労の末に自殺。「寺さん悪かった、許してくれ」。上司は、彰の亡きがらに土下座した。

 寺西は「妻として何もできなかった」と悔やんだ。その後、過労死に認定基準が設けられ、過労死等防止対策推進法が成立したのも、寺西ら遺族の尽力が影響している。寺西には「諦めず、涙を怒りに変えて、道なき道を切り開いた」という自負がある。しかし-。

 「かつての『モーレツ社員』という考え方自体が否定される日本にしていく」。3月末に決定された「働き方改革実行計画」は、力強くこううたい上げる。だが、計画の中では残業時間上限を「月100時間未満」と記載した。悲惨な遺族をさらに生み出すつもりなのか。寺西は言う。

 「遺族として断じて許せません」

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。