“みなさまのNHK”「ネット同時配信でも受信料はきっちり取ります」 上田良一会長「計画速やかにまとめる」 検討委が答申 総務省は慎重姿勢だけど…

東京・渋谷のNHK放送センター(玉嵜栄次撮影)
東京・渋谷のNHK放送センター(玉嵜栄次撮影)【拡大】

  • NHKの上田良一会長(左)に答申を手渡す受信料制度等検討委員会座長の安藤英義専修大教授=東京都渋谷区、NHK放送センター(伴龍二撮影)

 有識者でつくるNHK会長の諮問機関「NHK受信料制度等検討委員会」は25日、テレビ放送とインターネットの「常時同時配信」が実現した場合、テレビを持たずネットだけで視聴する世帯からも新たに受信料を徴収することに「合理性がある」とする考えをまとめ、上田良一会長に答申した。上田氏は「答申を踏まえ、同時配信に関する具体的な考え方や計画を速やかにまとめたい」と述べた。

 検討委の座長を務める安藤英義・専修大大学院教授(会計学)は上田氏に対し、「メディア環境の変化に対応し、人々が必要とする公共的価値の実現に貢献することが期待される」と要望した。

 答申によると、新たな受信料は世帯単位での徴収を想定。スマートフォンやパソコンを持っているだけでは請求されず、スマホで受信アプリをインストールした段階などで課金される。すでにテレビ放送の受信契約を結んでいる世帯には追加負担を求めない。

 金額は「放送と差をつけないことが望ましい」とし、現行の地上契約(月額1260円=口座振替・クレジットカード払い)程度が見込まれる。視聴者から十分な理解が得られるまで一定期間無料にするなどの暫定措置の検討も求めた。

 NHKは平成31年に同時配信の本格的な開始を見込んでいる。実施には、放送法の改正が必要となる。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。