製薬大手4~6月期 武田除き3社が減益 減損や主力薬の特許切れで

製薬大手4社連結決算
製薬大手4社連結決算【拡大】

 製薬大手4社の平成29年4~6月期連結決算が2日、出そろった。主力薬の販売が好調だった武田薬品工業が大幅増益となったが、新薬開発方針の変更に伴って減損損失を計上したアステラス製薬や、主力薬の特許が切れた第一三共など3社は減益を余儀なくされた。

 武田は、潰瘍性大腸炎治療薬「エンティビオ」の販売が世界的に好調。試薬子会社の和光純薬工業の売却益もあり、最終利益を大きく押し上げた。

 一方、アステラスが海外での子会社買収、エーザイがアルツハイマー病領域での研究開発投資の積極化と、両社は新薬開発に向けた投資が急増し、収益面での負担となった。

 第一三共は、特許が切れて独占販売期間が終了した高血圧症治療薬「オルメサルタン」の売上高が228億円減少した。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。