国産サイバー対策技術 世界へ 「世界標準」目指す企業も

 IT産業の聖地、米カリフォルニア州シリコンバレーに進出して、セキュリティー技術の「世界標準」を目指す動きも出てきた。

 他人にメールで送信した文書ファイルを、手元から遠隔操作で消せる-。インターネットの普及によって、機密情報の漏洩(ろうえい)が大きな問題となる中、こんな「魔法」のようなソフトウエアが注目されている。

 デジタルアーツ(東京)が開発した「ファイナルコード」。暗号化ソフトの一種で、閲覧できる人や期間などを細かく設定でき、アクセス履歴も把握できる。いざとなれば消去して情報流出を防ぐ。マイナンバー導入などを背景に、国内販売が好調となっている一方で、2014年に設立したシリコンバレー子会社を拠点に海外事業を本格化させている。

 IT業界では基本ソフトからクラウドまでほとんどを、米国中心の巨大企業が押さえる構図が強まる。道具登志夫社長はそうした現状に危機感を抱きながらも、重要データの保護分野では「日本からデファクトスタンダード(事実上の国際標準)を取りたい」と力を込める。

 「守らないセキュリティー」。これまでの常識を打ち破るソフトを展開するのがゼンムテック(東京)だ。書類のデータをシュレッダーにかけるように細かく分割した上で、その一つ一つを暗号化して解読不能にする。それらをパソコンとスマートフォンといった複数の端末に分けて管理。分割した情報を1カ所に集めると元のデータが復元される仕組みだ。使わないときは「無意味な情報」として保存されているので、そもそも情報漏洩は起きようがないという。「われわれのソフトを使えば、これまでのようなセキュリティー対策はいらなくなる」と田口善一社長は胸を張る。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。