【インタビュー】旭化成 能力ある情報検索技術者の育成不可欠 (1/2ページ)


【拡大】

 □旭化成知的財産部 技術情報グループ長・中村栄さん

 --2016年度の特許情報普及活動功労者表彰で特許庁長官賞(特許情報人材育成功労者)を受賞した

 「特別なことをしてきたという認識はない。これまでの活動が、結果としてサーチャー(情報検索技術者)の『育成』につながったということだと思う。旭化成は1998年には全社の調査を一手に担当するセクションを設置。私もここに異動し、調査との関わりが始まった。他社をみても、当時特許情報は研究者自身が調べるのが一般的で、検索手法もまちまち。重複した調査がなされることもしばしばあった。そこでサーチャーのスキル向上と調査結果の有効活用が必要だと感じた」

 --特許情報の現状と調査の重要性をどう考えるか

 「日本企業に限らず、いまでは多くのメーカーが世界の市場で事業を展開している。当然、それらの市場における特許情報も調査が必要になる。自由に事業ができるかどうかについての特許調査(FTO調査)が重要だというわけだ。加えて、中国のように非常に多くの特許を申請する国も出てきた。特許侵害などに関連する大きな訴訟も頻繁にみられる。しかし、決定版といったような手法はない。こうした状況の中で精度の高い調査が求められている。そのためにも、能力のあるサーチャーの育成が不可欠だ」

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。