12人犠牲、七十七銀女川支店が新店舗


【拡大】

 東日本大震災の津波で行員ら12人が犠牲になった七十七銀行女川支店(宮城県女川町)が4日、再建した新店舗で営業を始めた。

 新店舗は、被災した旧店舗の跡地から約350メートル北側にあるJR女川駅前の商業エリアに建てられた。鉄骨2階建てで屋上はない。

 店舗前には4日、十数人が並び開業を待った。町内に住む60代男性は「やっと日常が戻ったという感じだが、犠牲者が出たということはつらい出来事だ」と話した。

 女川支店は巨大津波に襲われ、高さ約10メートルの屋上に避難した12人が犠牲になった。11年12月から女川町内の仮設商店街で営業していた。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。