データベースで商標調査 JPDS、低コストで手軽なサービス実現 (1/2ページ)

BrandMarkSearchを使い「牛」で検索した結果。図形商標はサムネイル表示によって効率的に比較、確認ができる
BrandMarkSearchを使い「牛」で検索した結果。図形商標はサムネイル表示によって効率的に比較、確認ができる【拡大】

 【生かせ!知財ビジネス】

 日本パテントデータサービス(JPDS、東京都港区)はこのほどブランディング部を新設し、商標検索専用の商用データベース「Brand Mark Search」(BMサーチ)と商標調査サービスの提供を開始した。従来の知財業務のプロ向けではなく「ファッション関連や小売業界などの中小企業で働く一般層を想定」(仲田正利社長)し、新たな顧客層の開拓を目指す。

 商標は中小企業に身近な知財権だ。2015年の国内出願で日本人によるものは11万7960件、うち中小企業は6万4241件と54.5%を占める。特許出願の場合、中小企業の割合は13.9%に過ぎない。

 商標調査費用は数万円と特許調査に比べて安く「出願代理や海外調査がない限り、特許事務所ではあまり力が入らない領域」(都内の知財コンサルタント)だ。しかし中小企業がショップや商品、サービスに名前を付ける際、誰もが手軽に何度も依頼できるレベルではなかった。そこでJPDSは業界最安の料金を設定した。税別でBMサーチが月額固定制の5000円(1ID)から、商標調査では文字商標で過去の同一調査が1商標6000円と類似調査が1万円、図形商標の類似調査は2万円からだ。

 BMサーチは初心者でも簡単な入力・ガイド方式を採用。同一・類似呼称検索(カタカナ入力)、商標検索(文字列入力)、図形検索(図形要素を分類したコード・文字列入力)を軸に、期間などの検索条件絞り込み機能がある。結果は一度に2000件まで出せ、音や動画の商標も聴視できる。データは特許庁発行の国内全商標登録と2000年以降の公開公報・国際商標を収録している。

商標登録の可能性評価や代理出願も行う