【スポーツi.】有森裕子に届いた一通の電報 (1/3ページ)


【拡大】

 日本人は無類のマラソン好きといわれる。苦しさに耐えながら、粘って、粘って走る。42.195キロのコースには上り下りがあり、追い風のときも向かい風のときもある。人生の縮図として、わが身を重ね合わせる人がいる。

 この夏、ロンドンで陸上の世界選手権が開催された。テレビ中継したTBSの男子マラソンの平均視聴率は13.7%、瞬間最高は20.2%、女子の平均は13.6%、瞬間最高は15.2%だった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。男女とも2桁にのせ、改めて、関心の高さを証明した。

 視聴率は健闘したものの、肝心の競技成績は男子の川内優輝が9位に入ったのが最高。女子は出場した3選手が16、17、27位にとどまり、22年ぶりに入賞を逃した。

 2020年東京五輪まで3年を切ったにもかかわらず、世界の高く厚い壁に跳ね返されてしまった。

 ◆「私なら金」

 かつて、日本は「マラソン王国」といわれた。四半世紀前の1992年バルセロナ五輪で、男子は森下広一が2位、中山竹通4位、谷口浩美8位、女子は有森裕子が2位、山下佐知子は4位に入った。

 大会前、五輪代表のイスをめぐり、有森と松野明美が競り合い、日本陸上競技連盟と両陣営は揺れに揺れた。代表決定前の記者会見で松野が「確実にメダルをとれると思っているので、私を選んでください」と猛烈にアピールした。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。