マンホールの蓋、50年ぶりに変わります NTTが新デザイン 摩耗少なく点検コスト削減

現行品(NTT提供)
現行品(NTT提供)【拡大】

  • 新デザイン(NTT提供)

 NTTはマンホールの鉄蓋のデザインを約50年ぶりに刷新する。現行品は昭和39年までに導入された「T」字模様だが、新デザインは蓋の表面に六角形と四角形を組み合わせた突起を配置した模様で、来年から全国で導入される。

 NTTが管理するマンホールの蓋は全国に約70万個。車が通ったり砂がかかったりすれば摩耗し、スリップの危険性が高まるため、定期的に測定工具で蓋の溝を測り、必要に応じて新品に交換している。

 新デザインは砂を排出しやすく、突起上段の四角形部分がすり減って六角形模様が浮き出れば、交換時期を目視で確認できる。将来的には車載カメラの画像認識による点検も視野に入れている。

 開発は現行品と見比べながらの試行錯誤だった。担当したNTTアクセスサービスシステム研究所の主任研究員、西本和弘氏は「昔の技術者と会話しているようだった」と振り返った。