バス降車ボタン100種類 大阪キタで展示会、ワンマン化で普及 (1/2ページ)

2014.3.7 19:10

昨年暮れに東京で開かれた展示会で披露された降車ボタンの数々

昨年暮れに東京で開かれた展示会で披露された降車ボタンの数々【拡大】

 バスの降車ボタンを集めた「『つぎとまります』バス降車ボタン展示会」が8、9の両日、大阪市北区の紀伊国屋書店グランフロント大阪店で開かれる。降車ボタンはバスのワンマン化とともに普及し、乗客が降りる際に押す。色や形もさまざまな約100点を展示する。

 バス降車ボタン収集家の石田岳士さんが約30年かけ全国各地で収集したコレクションで、昨年暮れの東京に続く開催。石田さんによると、降車ボタンつきワンマンバスは昭和26年に大阪で誕生。押すとランプが光るボタンも日本で生まれ、昭和30年代後半に登場した。ランプの色は現在、紫色が主流で、緑色やオレンジ、淡く輝く黄色も。形も四角や楕円形、横長などさまざまで、その中央部に実際に指がふれる部分があり、やや出っ張っている。

 石田さんによると、バリアフリーが意識されるようになったここ10年ほどは、通路や壁、窓など、設置場所によって形が変化。たとえば、通路側では混雑時に乗客が誤って押さないように、この出っ張りをなくしている。

昭和20年代から30年代初期のものも展示

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!