【未来への羅針盤】中央大学の挑戦(6-3) (1/4ページ)

2014.4.4 05:00

(6)海部俊樹氏

(6)海部俊樹氏【拡大】

  • (1)中央大学のアカデミックガウンに身を包んだラフマット・ゴーベル氏=3月24日、帝国ホテル
  • (2)「パシフィック・オフィス」の開所式に集まった日米の関係者
  • (3)来賓として列席した重枝豊英総領事(左)と福原学長
  • (5)瀬谷ルミ子氏

 □「質実剛健」「自主的」「家庭的」な気質

 ■インドネシアと日本の友好に貢献

 インドネシアの実業家で「インドネシア日本友好協会」(PPIJ)理事長のラフマット・ゴーベル氏への中央大学名誉博士の学位贈呈式が3月24日、東京都千代田区の帝国ホテルに両国の来賓など約100人が出席して行われた。

 中央大学の名誉博士贈呈者は1964年のディヴィド・エフ・ケイヴァース米ハーバード大教授以来17人目。学位記を贈呈され、アカデミックガウンに身を包んだ同氏は、アジアとインドネシア、日本の経済の将来について日本語で語り、謝辞を述べた。

 ラフマット・ゴーベル氏は1962年生まれ、87年に中央大学商学部を卒業後、松下電器産業(現パナソニック)グループで1年間、実務研修を受けた。中大在学中は先輩の祖母の家で下宿生活し、「日本人は家族」と語る大の日本びいき。

 父親の故モハマド・ゴーベル氏も青年時代、コロンボ計画の奨学生として日本に留学し、松下幸之助氏と出会ったことがきっかけで、後に松下との合弁会社を設立。これが現在、ラフマット氏が会長を務めるパナソニック・ゴーベル・グループに発展した。同グループは家電製品などを生産・販売するパナソニック・ゴーベル・インドネシアをはじめとして、物流、食品、広告、ホテル、通信などの事業を幅広く展開している。従業員は約2万人。

 ラフマット氏は、父のモハマド氏と並んで松下幸之助氏を「最も薫陶を受けた人物」に挙げている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。