富岡製糸場、世界遺産へ 明治の技術革新、高い評価…「パーフェクトな勧告」 (1/2ページ)

2014.4.26 11:24

富岡製糸場の東繭倉庫前で岩井賢太郎市長(中央)、マスコットキャラクターのお富ちゃんが歓喜のバンザイ三唱を行った=26日午前8時、群馬県富岡市

富岡製糸場の東繭倉庫前で岩井賢太郎市長(中央)、マスコットキャラクターのお富ちゃんが歓喜のバンザイ三唱を行った=26日午前8時、群馬県富岡市【拡大】

  • 世界文化遺産登録の勧告を受け、富岡製糸場で万歳する地元関係者=26日午前、群馬県富岡市
  • 世界文化遺産登録の勧告を受け、富岡製糸場であいさつする富岡市の岩井賢太郎市長(前列右から3人目)=26日午前、群馬県富岡市

 日本初の官営製糸場である「富岡製糸場」が26日、世界文化遺産への登録を勧告された。登録件数の増加により世界文化遺産の審査が厳しくなる中、富岡製糸場は推薦書の内容がほぼすべて認められる「パーフェクトな勧告」(文化庁担当者)に。明治日本の高い技術革新と、海を越えて絹産業の発展をもたらした歴史的価値が、世界に認められることになった。

 産業の近代化を急ぐ明治政府が西欧から最新技術を導入し、明治5年に設立された富岡製糸場は、日本初の本格的な器械製糸工場だ。その後、養蚕技術を独自に改良して大量生産を実現し、技術交流などを通じて世界の絹産業の発展に貢献した。

 民営化されて昭和62年まで現役で稼働。操業停止後も所有企業が建物を保全し、群馬県富岡市に寄贈された。文化庁は「これだけ大規模な工場が残っているのは奇跡的だ」と称賛する。

 だが、文化庁関係者は今回の勧告について「決して楽観視はしていなかった」と打ち明ける。世界遺産の審査が年々厳しくなっているからだ。昨年の富士山で構成資産の一つである「三保松原(みほのまつばら)」(静岡市)の除外を求められたように、ここ数年、日本の推薦案件はイコモスから、条件付きで登録勧告される傾向が続いていた。

「群馬県が施設を4つに絞り、価値を明確に分かりやすく主張できたことが大きい」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!