【生かせ!知財ビジネス】変換点にきた産学官連携 (1/2ページ)

2015.2.21 05:00

若手人材座談会。CDとURAのあり方や能力、産業界との関係など、今後の産学官連携について議論した=東京都千代田区の日本立地センター

若手人材座談会。CDとURAのあり方や能力、産業界との関係など、今後の産学官連携について議論した=東京都千代田区の日本立地センター【拡大】

 大学・研究機関の成果をいかに産業・社会へ還元するか-。その一翼を担ってきた産学官連携が変換点にきている。課題は産学官をつなぐコーディネート人材(CD)、技術移転などに関する知識の継承にある。

 文部科学省と日本立地センターはこのほど、都内で全国コーディネート活動ネットワーク事業の一環として「若手人材座談会~産業の創造と発展に寄与する若手人材~」を開催。全国の大学や機関で産学官連携業務にあたる若手CDと有識者ら約30人が参加した。

 文科省は2012年度でCDを派遣する産学官連携関連の支援事業に区切りをつけ、その後はリサーチ・アドミニストレーター(URA)の育成、配備へと舵(かじ)を切った。CDは特許出願、研究開発戦略から研究契約、技術・特許契約へと至る産学官連携業務を支援するのに対し、URAは研究プロジェクトマネジメント全体を支援し、産学官連携業務の支援は活動の一部となる。

 「結果的にCDの必要性は大学や機関が決め、そこで独自採用することになった」と説明するのは全国イノベーション推進機関ネットワーク(イノベーションネット)の小沢三千晴技術コーディネーター。全国の大学・機関を結ぶイノベーションネットでCDとURAの情報交換会などの橋渡しを行い、知識の継承を促す立場だ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。