【未来への羅針盤】中央大学の挑戦(4-1) (1/3ページ)

2015.3.27 05:00

中央大学多摩キャンパスにある「白門」、創立100周年記念ステージ桜広場

中央大学多摩キャンパスにある「白門」、創立100周年記念ステージ桜広場【拡大】

  • 中央大学総長・学長酒井正三郎氏
  • 中央大学多摩キャンパス=東京都八王子市

 ≪創造的批判精神に基づく実学教育推進≫

 □中央大学総長・学長 酒井正三郎氏

 創立130周年を迎える中央大学は、創立以来のグローバル志向を受け継ぎつつ、国際化社会の現状を踏まえて「グローバル」と「ローカル」のバランスのとれた“Glocalization”のもと「第2の建学」を目指す。グローバル化時代に求められるのは、単に外国語を操る人間や、外国の事情に通じている人間ではない。日本から世界に向けて情報を発信できる人材の養成と、時代におもねることのない創造的批判精神に基づいた実学教育の伝統を推進してゆく。

                  ◇

 ■「實地應用ノ素ヲ養フ」

 中央大学は、1885年に英吉利法律学校として創立され、今年創立130周年を迎えます。創立に携わった若き法律家18人は、当時国内で主流だったフランス法ではなく、実社会と密接に結びついたイギリス流の経験主義、合理主義を基礎とした法律を学ぶことこそが、わが国の司法制度の確立と近代化を達成するために必要であるとの考えに立ち、「實地應用ノ素ヲ養フ」(実地応用の素を養う)を建学の精神に掲げ、本学を創設しました。

 ■大学教育のあり方に風穴

 時代におもねることのない創造的批判精神に基づく実学教育は、本学のゆるぎない伝統となっています。これは、司法試験や公認会計士試験、公務員試験などで圧倒的な強さを誇る“中大パワー”に代表され、また実業界でのトップ・リーダーを数多く輩出していることなどに示されています。本学はこれによって国内大学界のリード役となり、その社会的使命を果たして参りました。現在、時代の要請に応え、実地応用の精神で人材を育成する校風は「行動する知性。-Knowledge into Action-」というユニバーシティー・メッセージに受け継がれ、実践されています。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。