【生かせ!知財ビジネス】発明の具現化促進、日本再興戦略を改訂 (1/2ページ)

2015.6.13 05:00

日本の次の成長戦略を検討するために開かれた「アベノミクス第三の矢『成長戦略』実現に向けて」=8日、東京都千代田区の都道府県会館

日本の次の成長戦略を検討するために開かれた「アベノミクス第三の矢『成長戦略』実現に向けて」=8日、東京都千代田区の都道府県会館【拡大】

 1~3月期の国内総生産(GDP)成長率が年率3.9%に改定された今月8日、日本価値協創機構(愛知和男会長)主催の「アベノミクス第三の矢『成長戦略』実現に向けて」が都道府県会館(東京都千代田区)で開かれ、産学官の約150人が参加。特別講演とパネルディスカッションのメーンゲストとして登壇した甘利明経済再生担当相の発言に注目が集まった。

 特別講演では即効性のある第1、2の矢に対し、第3の矢は「構造改革から入るために時間が必要だが、アベノミクスはスピード重視だ」として、これまでの方針や立法、規制緩和などの具体的成果について披瀝(ひれき)した。

 現在、日本再興戦略を改訂しているが、その要として「イノベーション・ナショナルシステムの構築」の加速化を挙げた。「世界最高の知財立国実現」と並行して、進める施策で「新技術の発展による社会変革を生かして人口減少下でも持続的成長を実現するには、日本を世界で最もイノベーティブな国にすることが何より重要」との考えに立つ。簡単に言えば、発明の具現化促進策だ。

 既に昨年から大学の革新的技術を産業化する“橋渡し機能”を公的研究機関などに担わせている。今後は「大学改革を積極的に断行し、人材育成や研究力の面で大学の競争力を飛躍的に高める」のに加え、ベンチャー創出の観点から「日本版スタンフォード大育成を目指し、資産運用など経営の自由度を高め、経営力を強化するための法案を提出したい」と語った。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。