宝くじ抽せん大幅遅れ みずほ銀行、システム障害で謝罪

2016.2.2 11:57

 みずほ銀行は2日、数字選択式宝くじ、第4329回ナンバーズと第1041回ロト6の抽せんがシステム障害の影響で大幅に遅れ、予定時間の約6時間半後の2日午前1時10分ごろから実施したと明らかにした。

 宝くじのシステムはみずほ銀行のシステムとは別で、外部委託している。抽せんは1日午後6時45分ごろ開始予定だったが、販売実績の集計ができずに遅れた。みずほ銀行によると、1日に一部の売り場で、販売実績を送信する端末を入れ替えたのが原因で、通信エラーが発生したとみられる。システムは既に復旧し、購入などは通常通りにできるという。

 みずほ銀行は「ご心配とご迷惑をお掛けしたことをおわびします」とのコメントをホームページに掲載した。

 遅れにより、新聞に当せん番号が掲載されないなど影響が出た。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。