アルビン・トフラー氏死去 「第三の波」 米の未来学者

2016.7.1 05:00


【拡大】

 本格的な情報通信社会の到来に先駆け、電子メールの普及や既存の価値観の揺らぎなどを予測、1980年に脱工業化社会の近未来を描いた「第三の波」がベストセラーとなり世界で最も有名な未来学者の一人だった米国のアルビン・トフラー氏が6月27日、米ロサンゼルスの自宅で死去した。87歳だった。自身が創設者の「トフラー・アソシエイツ」が29日発表した。死因は明らかにされていない。

 28年、米ニューヨークに生まれた。ニューヨーク大卒後、オハイオ州で工場労働に従事、組合運動などにも携わった。組合の機関紙記者を経てフォーチュン誌に寄稿するようになった。

 60年代に情報機器企業で働いた経験を基に70年「未来の衝撃」を出版。情報化社会の到来で信仰や家族など既存の価値観が揺るがされると予測し、50カ国以上で読まれる大ベストセラーとなった。(ニューヨーク 共同)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。