NHK番組で大きな話題となった「レトロ自販機」 いよいよ絶滅の危機 (3/3ページ)

秋田港近くの船舶食料商「佐原商店」のうどん・そば自販機。40年以上にわたって人々に親しまれた=3月7日、秋田市土崎港西
秋田港近くの船舶食料商「佐原商店」のうどん・そば自販機。40年以上にわたって人々に親しまれた=3月7日、秋田市土崎港西【拡大】

  • 太平洋工業製のトーストサンド自販機。調理時間は40秒で、アルミに包まれた温かいトーストが出てくる
  • 富士電機製のうどん・そば自販機。25秒で調理され、温かいうどん・そばが出てくる

 各社とも売り切りで、どこで稼働しているのか把握できておらず、メーカーのアフターサービスも終了し、修理業者も全国にわずかというのが実情だ。

 自販機卸売業の関東自動機器(埼玉県坂戸市)にも、人気が出ており、レトロ自販機を使いたいというニーズが増えているが、岡田有吉社長は「しっかりした自販機を提供しないと信頼を失うため、市場に再投入できるものは限られる」と話す。

 今では24時間営業のコンビニエンスストアが各地に広がり、食べることに困らなくなり、レトロ自販機の役目は終わり、絶滅する方向へ向かっている。その一方で、昭和レトロの懐かしい味を求める人たちが増えているのも事実だ。レトロ自販機には、なくなればなくなるほど、人々を魅了する不思議さがある。(黄金崎元)