グローバリゼーションを振り回すな 自作自演の失敗 (1/3ページ)

2016.11.27 06:00

 「グローバリゼーションを賛美する時ではない」と言われ始めたのは2008年のリーマンショックの頃だった。あの時が潮の変わり目だった。

親しい友人が「これから経済のブロック化がはじめる」と語ったが、同時に「頭の中はユニバーサルであるべきだ」とも強調した。ぼくがローカリゼーションマップという活動をスタートさせたのは、その2年後の2010年である。

 少々思い出話に耽ってみよう。

 1989年のベルリンの壁崩壊に始まる冷戦の終焉、1990年代のIT革命から、世界は弾けるように一気にボーダーレス化が広まった。今までのバリアがどんどんと崩されていくさまをみて、多くの人はまったく新しい風景が見渡す限りに続くと思い始めた。

 外交の専門家に、「これからが実は危ない。小さな紛争が世界各地で起こっていく」とアドバイスをぼくは受けたが、ぼくを含めて周囲の人は、中東や東欧など世界各地にある争いは、限定的な頭痛の種であると見なそうとしたのである。

 危険なところにあえて出向かなければ、物理的な妨害を身の回りでは受けない、という認識である。それをひっくり返されたのが2001年のニューヨークのテロ事件であった。

 これが無限に広がるかに見えたボーダーレス化の分岐点にあたる。空港のセキュリティーチェックは厳しくなり、搭乗直前にもパスポートを提示するようになった。

 一方、そうした後退にぼくは違和感をもちながらも、それらとは関係なく、カーナビなどの電子デバイスのユーザーインターフェースの認知が文化圏によって異なる、という現実から、ローカルとグローバルの狭間を真剣に考えざるをえなくなった。ビジネスのテーマである。

 ブロック経済化やローカル重視というトレンドとは違う方向から、ローカルの問題に足をつっこんだ。

グローバル化の足止めと前進は同時に起きている

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。