【生かせ!知財ビジネス】アモティ、金融業向け特許・事業価値算出サービス (1/2ページ)

2016.12.16 05:00

 技術開発活用型の中小・ベンチャー企業の事業性をどう評価すればよいのか-。こうしたニーズに応え、投融資の課題を解決する新サービスが登場した。金融機関やベンチャーキャピタル、会計事務所など向けに、特許を活用した事業の価値を評価し、その将来性予測を支援するクラウド型サービス「Eve-ReSerge(イブ・リサージュ)」が14日始まった。特許検索・分析サービスのアモティ(東京都中央区)と、経営コンサルティングや金融機関向けシステムサービスのHFMコンサルティング(同)が共同開発した。月額利用料金は1ID当たり30万円。

 新サービスの特徴は、特許と事業の関係性を特許データと財務データを組み合わせて解析、検討できる点だ。まず、検討対象の特許と比較する企業の特許を検索し、独自開発した特許の優位性を数値化する情報「AECIL係数」によって算出されたスコアから特許の優劣を把握する。次に企業の売上高、利益、設備投資額など過去3年間の実績を入力すると、収益資産の価値評価法「DCF法」と無形資産の価値評価法「ロイヤルティー免除法」とを組み合わせた手法で、今後10年間の事業収益と特許経済価値を予測できる。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。