歳月の隔たりが互いの想いを熟成する 早野龍五さんと福島のつながり (1/3ページ)

 早野龍五さんは物理学者(東京大学大学院理学系研究科教授)である。

 何度も早野さんと交信し、何回かお会いするなかで、ぼくは思ったことがある。早野さんと接した人の中には、「自分の子供が科学者になってもらいたい」と願う人たちが少なくないのはないか、と。

 その早野さんは、昨年の夏から幼児音楽教育の「スズキ・メソード」の会長でもある。そうすると、早野さんと接した人には、「自分の子供にはバイオリンの練習をさせておけば良かった」と後悔する人たちがいるに違いない。

 人生後半戦を送っているぼく自身が、スズキ・メソードでバイオリンの演奏を習い、高校進学の時に科学者になる道を選択した早野さんに、今さらながらにして「早野さんの人生は、いいなあ」と思ったからだ。

 「いいなあ」と思える早野さんの日常は、エネルギッシュな日々のはずだ。が、その早野さんが見ている風景は、とても淡々としている。

 平常心を維持するのはかくも難しいのか、と思いながらぼくは毎日を過ごしているが、早野さんの見ている抑制のきいた風景に接すると、「叶わないなあ」とため息をつく。

 ぼくが早野さんとお知り合いになったのは、2014年の12月だった。早野さんと糸井重里さんのお二人が出版された『知ろうとすること。』(新潮文庫)を読み、東北の食をイタリア国内でプロモートするプロジェクトにちょうど関わっていたぼくは、この本の内容をイタリアの人にもぜひ知ってもらいたい、と思い至った。

福島に関わりながら撮りためた写真

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。