【生かせ!知財ビジネス】文化財保護に技術取引の専門家が奔走 (1/2ページ)

木村屋敷の重要文化財指定へ動いている田中嘉一氏。実は国際的な特許・技術取引の専門家だ
木村屋敷の重要文化財指定へ動いている田中嘉一氏。実は国際的な特許・技術取引の専門家だ【拡大】

 ■静岡県・木村屋敷

 「知的財産」とは知的な創作に付随する財産的価値のことである。建築も知的創作の一種だが、そこに歴史や文化が加わると、さらに高い価値を持つことになる。都内の外資系不動産会社に勤める田中嘉一氏は現在、静岡県にある通称「木村屋敷」について、国の重要文化財指定を受けるための情報収集を進めている。

 木村屋敷は80年ほど前、海外賓客をもてなすために旧三井財閥の團琢磨が建築し、旧三菱財閥の木村久寿弥太が継承した迎賓館だ。田中氏が木村屋敷を知ったのは、顧客であり、屋敷を所有する親日的な海外個人投資家の調査依頼がきっかけだった。少しでも顧客の利益になればと田中氏はこの春から、調査に乗り出した。

 現地を調査すると、損傷箇所もあり、現代では入手困難な部材や銘木が使われているため、完全修復には相当な知識と費用がかかるかもしれないことが分かった。

 「十六弁菊家紋、八角形の床柱の意匠が施された、天皇家のためとみられる茶室がしつらえられ、産業界を支えた旧財閥の遺産としてだけでなく、その伝統的な価値にも衝撃を受けた」と田中氏。前所有者のときに国の有形文化財登録を受けていたが、調査を進める中で重要文化財としての価値があるのでは、と考えた田中氏は、前所有者、旧財閥関係者、歴史家、造園家、建築家、官庁の関係者を訪問して調査を進めることを決意した。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。