【動画あり】幻の名刀「薬研藤四郎」現代に蘇る 刀鍛冶の水木良光さん (2/3ページ)

水木良光氏によって鍛えられた薬研藤四郎の写し(臼木良彦氏提供)
水木良光氏によって鍛えられた薬研藤四郎の写し(臼木良彦氏提供)【拡大】

  • 名刀「薬研藤四郎」を現代に蘇らせた刀鍛冶の水木良光氏=東京都、水木氏の自宅工房(臼木良彦氏提供)
  • 水木良光氏によって鍛えられた薬研藤四郎の写し(臼木良彦氏提供)
  • 水木良光氏によって鍛えられた薬研藤四郎の写し(臼木良彦氏提供)
  • 水木良光氏によって鍛えられた薬研藤四郎の写し(臼木良彦氏提供)
  • 水木良光氏によって鍛えられた薬研藤四郎の写し(臼木良彦氏提供)
  • 名刀「薬研藤四郎」を現代に蘇らせた刀鍛冶の水木良光氏=東京都、水木氏の自宅工房(高原大観撮影)
  • 刀の持ち手である茎に銘をきる=東京都、水木氏の自宅工房(高原大観撮影)
  • 刀の研ぎをする刀鍛冶の水木良光氏=東京都、水木氏の自宅工房(高原大観撮影)
  • 水木良光氏によって鍛えられた薬研藤四郎吉光の写し。水木氏の銘が切られている(臼木良彦氏提供)

 「切れ味は鋭いが主君を傷つけない主君思いの刀」と評判になり、足利将軍家を初め、松永弾正や織田信長といった武将が所有した。信長とともに本能寺で焼け落ちたとも、信長の後は豊臣秀吉を経て徳川将軍家が所持したとも言われているが、現代にいたるまで確かな消息はわかっていない。

 刀剣界には「写し」と呼ばれる技法がある。これは手本となる刀(本科)をもとに寸法などを手本に忠実に再現するものだ。刀身に別の刀の持ち手の部分を溶接して有名な刀匠の作品に見せかけるなど手口が悪質な「贋作」とは異なり、「写し」は純粋に作品としての再現を目標にする。刀鍛冶になってまだ約6年という水木さんにとって、名刀「薬研藤四郎」は初めて挑む「写し」だった。販売価格は非公表とのこと。

 「薬研藤四郎」の絵図が描かれた「太閤御物刀絵図」をもとに、刀の長さや幅などを割り出し、絵図通りに作刀した。

 吉光が鍛えた藤四郎シリーズは刀身に彫刻などが彫られることも多いが、名刀「薬研藤四郎」は飾り気がない。「何も彫らなくとも元々が美しいからあえて何も彫らなかったのでは。鍛錬された鋼の素材そのものが持つ美しさを出すよう心がけた」と水木さん。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。