【生かせ!知財ビジネス】嶋野邦彦特許技監に聞く(下) (1/2ページ)

「日本はIT関連特許が欧米より比較的認められやすい」と説明する嶋野邦彦特許技監。この環境をIoT戦略にどう生かすのか
「日本はIT関連特許が欧米より比較的認められやすい」と説明する嶋野邦彦特許技監。この環境をIoT戦略にどう生かすのか【拡大】

 ■出願増加の好機、IoT関連期待

 特許庁の長官に次ぐポストである特許技監に7月5日付で就任した嶋野邦彦氏。急速に進む第4次産業革命に関する課題について聞いた。

 --第4次産業革命やIoT(モノのインターネット)が話題になり“情報財”という新概念が生まれた

 「知的財産といわれているものを超えて価値のあるものが生まれてきている。例えばデータだ。知財を含めそれらをどう管理するのか、ビジネスで生かすためどう流通ややり取りをするかが各方面で議論されている」

 --企業では、情報財担当は知財部門になるのか

 「確かに一番近いものは知財部門だと思う。だが知財部門の対応も企業によってさまざまで、特許の権利化業務や権利行使に集中している場合や、ノウハウを含めて知財部門で管理している場合もある。新しい価値の周辺が膨らんでいろいろな価値が生み出されているときに、知財部門で手が回らないなら、少し上位の部門で対応していくかとか、切り出して新しいセクションを作らないといけないだろう。そこは課題になるのかなと思う」

 --情報財が出現する一方、国内での特許出願件数は近年、31万件台で微減傾向にあるが

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。