「JAXAの期待に応えられなかった」 天文衛星「ひとみ」破損でNECが5億円支払い

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、昨年、宇宙で壊れたエックス線天文衛星「ひとみ」について、主な製造元で作業を誤ったNECがJAXAに5億円を支払うことで、東京簡裁での民事調停が成立したと発表した。

 昨年2月に打ち上げられたひとみは、本格運用前の3月末に機体が異常回転して分解した。JAXAは、主な原因はNECの担当者が姿勢制御用エンジンの噴射データを誤って入力したためとする報告書をまとめた。だが互いに責任の大きさを巡って折り合えず、東京簡裁に今年2月、民事調停を申し立てた。

 JAXAは「妥当な結果が得られた」とし、NECは「JAXAの期待に応えられなかったことへの反省と道義的責任を感じたため、調停を受け入れた」とコメントした。ひとみの開発と打ち上げ費は約310億円。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。