【生かせ!知財ビジネス】「グリュック」海外代理人の選定を支援 (2/2ページ)

 日本の特許事務所は、依頼を受けた企業に整理された現地代理人情報を提案できることから営業力向上に、企業は多くの人手や手間をかけることなく、代理人をグローバルに分析して選定の判断を下すことができる。結果として海外で現地代理人について、適宜最適なネットワークの構築を図ることができる。

 平沼氏は「いわば、発想の転換。海外マーケティングの一手法と考えれば分かりやすい。当社はツールの活用推進だけでなく、その分析結果に基づいた具体的なアクション、現地代理人選びや、連携のための橋渡し、交渉なども積極的にサポートしていく」としている。サポート業務は、2018年1月開始を予定している。(知財情報&戦略システム 中岡浩)

●=ウムラウト記号付きu

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。