高級ホテルがビジネスウーマン争奪戦 「自分へのご褒美」狙う (1/2ページ)

2012.7.8 19:00

ラマダホテル大阪がローラアシュレイとコラボした「ローラアシュレイレディースルーム」

ラマダホテル大阪がローラアシュレイとコラボした「ローラアシュレイレディースルーム」【拡大】

 高級ホテルが働く女性をターゲットに、多彩なプランやサービスを提供し、宿泊客の争奪戦を繰り広げている。出張では価格重視の男性に比べ、サービスなどを気にする女性は、ビジネスホテルではなく、高級ホテルに泊まりたいという願望が強いためだ。女性ビジネス客を狙う高級ホテルの戦略を追った。

 企業は出張に伴う宿泊費について上限を設けているケースが多く、「1万円前後が多いようです」(ホテル関係者)。この場合、宿泊するのはビジネスホテルが多いが、最近では高級ホテルに自己負担をしてでも泊まろうという働く女性が増えているという。

 「自己負担があっても会社の補助があるため、プライベートで泊まるよりは断然安い」。大阪市内の不動産大手に勤める30代の女性社員はこう話す。普段は躊躇(ちゅうちょ)する高級ホテルも、出張ならば会社の補助のおかげで“1万円引き”で宿泊できるというわけだ。ホテル側も「自分へのご褒美(ほうび)という感覚で、ぜいたくをしたいという利用客は多い」と明かす。

 JR大阪駅南側のホテルグランヴィア大阪(大阪市北区)は、男性客を意識した「ビジネスプラン」を以前から提供していたが、昨年7月には女性専用の出張向けプランを発売した。

 1泊1万1400円からのプランでは、飲食に外出する男性客に比べ、客室でゆっくりと過ごすことが多い女性向けに入浴時に使う防水テレビや枕などバスグッズを用意。また、ハーブ茶や、女性スタッフが作成した「ひとりディナーマップ」などもあり、宿泊する女性客は増加傾向で、最近は月130件程度の利用がある。

女性客の半数は高い料金プランを選ぶ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!