住宅ローン借り換えを考えて 「マイナス金利」で返済額が減るメリット (1/3ページ)

2016.2.28 07:08

【荻原博子の家計防衛術】

 日銀が日銀当座預金の一部を「マイナス金利」にしました。日銀当座預金とは、銀行が日銀に預けているお金。この預金の金利の一部を「マイナス金利」にすることで、市中の銀行に「日銀にこれ以上お金を預けず、貸し出しに回せ」という政策を導入したのです。

 「マイナス金利」には、私たちの低い預金金利がさらに低くなるデメリットがあります。けれど、一方では、長期金利が低下するので住宅ローン金利などは下がります。

 住宅ローン金利が下がると、これから住宅を買う人だけでなく、既に住宅ローンを借りている人も、ローンの借り換えをすれば返済額が減るというメリットがあります。

 ですから、住宅ローンを借りている人はこれを機に、今のローンの借り換えを考えてみましょう。

住宅ローンにはどんなタイプがあるのか

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。