サイトマップ RSS

爆音響かぬEVマシンに疑問の声も 「フォーミュラE」若者の心つかめるか (1/4ページ)

2013.11.14 11:50

  • 「スーパーアグリ・フォーミュラE」を率いる鈴木亜久里氏

 2014年からスタートする電気自動車(EV)によるレースシリーズ「Formula E(フォーミュラE)」のマシンが11月12日、ロンドンでお披露目された。

 主催団体ではレースを通じてクルマ離れが目立つ若者たちにEVの魅力をアピールし、スローペースが続く市販EVの普及を加速させたい考えだ。「エキゾーストノート」(排気音)がとどろかない電気駆動マシンによるレースは、都心部の公道での開催などモータースポーツの新たな可能性を開く一方で、ファンをどこまで興奮させることができるのかと疑問視する声もある。

 来年9月、北京で開幕

 「電気自動車が走るので、F1レースと違って耳をつんざくような爆音が出ないから、家族で気楽に楽しめる。激しいチケット争奪戦もないから、F1より安く観戦できる」。ロンドンで会見を開いた主催団体フォーミュラEホールディングスのアレハンドロ・アガグCEO(43)は、EVレースの魅力をこう強調した。

「スーパーアグリ・フォーミュラE」を含め、すでに6チーム決まる

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ