サイトマップ RSS

猪瀬知事 5000万円「借用証」公開、辞任は否定 押印・返済期限なくても「原本です」 (1/5ページ)

2013.11.27 09:37

 東京都の猪瀬直樹知事(67)が昨年12月の知事選前に医療法人徳洲会(とくしゅうかい)グループから現金5000万円を受け取った問題で、猪瀬氏は11月26日、都庁で記者会見し、徳田毅(たけし)衆院議員(42)との間で交わした「借用証」を公開、改めて個人的な借入金だったと強調した。

 猪瀬氏は冒頭、「都民や都職員、都議会の皆さまに迷惑をかけ、心よりおわび申し上げる」と謝罪した。一方で、「身を粉にして仕事をきちっとやることが償い」と述べ、辞職の意思がないことを明らかにした。

 猪瀬氏によると、昨年11月6日に徳洲会系列の湘南鎌倉総合病院でグループ創設者の徳田虎雄氏(75)に面会し、都知事選出馬のあいさつをした。(11月)14日には都内で虎雄氏の次男、毅氏と会食。(11月)19日には毅氏から「議員会館においでいただきたい」との電話を受けたため、(11月)20日に単身で事務所を訪問。その場で借用証への署名を求められ、名目を告げられることなく5000万円を受領したという。現金は妻の貸金庫に預けていたとした。

猪瀬氏「間違いなく原本」「信用していただくしかない」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ