サイトマップ RSS

閉ざされた家族の世界描きたかった 「櫛挽道守」作家 木内昇さん (1/4ページ)

2013.12.9 19:00

 【本の話をしよう】

 ≪心理を甘く書きすぎないよう意識≫

 直木賞受賞から約3年。独自の時代小説に挑み続ける作家、木内昇(きうち・のぼり)さん(46)が、新作となる長編『櫛挽道守(くしひきちもり)』を上梓した。幕末の木曽を舞台に、櫛づくりに生涯をささげる一人の女性の道を、まっすぐにたどる。

 軋轢や息苦しさ

 木曽山中、薮原宿。中山道沿いの小さな宿場町で、一帯の名産品である「お六櫛(おろくぐし)」を作り続ける一家がいた。長女の登瀬は天才的な職人である父・吾助の仕事ぶりを見て育ち、女ながらに「いつかは自分も櫛を挽きたい」との思いを抱くようになっていた。ある夏、まだ12歳だった弟の直助が急逝するとともに、平穏な一家がきしみ始める-。

 「家族を描きたい、という思いが最初にありました。登瀬の一家は、山中の宿場町で、黙々と櫛を作り続ける。外に出て行くこともなく孤立していますが、ある意味ではとても純化した家族といえます。現代ではすぐに家族から離れることはできますが、当時はすごく家が閉ざされていた。そんな中の軋轢(あつれき)や息苦しさを描きたかった」

初の女性主人公

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ