サイトマップ RSS

今が不動産投資のベストタイミング 投資用マンション開発のSYLAを率いる湯藤善行社長に聞く (1/4ページ)

2014.1.20 14:55

不動産投資の魅力について語る、投資用マンション開発のシーラ社長の湯藤善行(ゆとう・よしゆき)さん=2014年1月10日(提供写真)

不動産投資の魅力について語る、投資用マンション開発のシーラ社長の湯藤善行(ゆとう・よしゆき)さん=2014年1月10日(提供写真)【拡大】

  • フィナンシャルプランナー、北野琴奈さん(シーラ提供)
  • シーラが東京都大田区下丸子で手がける「シーフォルム下丸子アジールコート」の外観図(提供写真)

 東京が熱い。2020年の五輪開催が決まり、競技施設や交通網の整備がこれから急ピッチで進む。リニア新幹線の開通を見込んで、人も経済もどんどん集まってくる。そんな東京への追い風を受けて、今が不動産投資のチャンスだと訴えるのが、投資用マンション開発のSYLA(シーラ)を率いる湯藤善行(ゆとう・よしゆき)社長(37)だ。2月1日には都内でマンション経営セミナーを開いて、不動産投資の魅力を話す。

 10年に既存の会社をM&Aする形でシーラを立ち上げ、投資用マンションの分譲を始めた湯藤社長。新宿区や港区、千代田区といった都心部でマンション開発を手がけ、今も大田区下丸子や横浜市で物件を提供して、好調な引き合いを得ている。

 好立地な上に、大学で建築学を専攻した湯藤社長の目にかなった高品質の物件だから、ということも売れている理由だが、より大きいのは「今が不動産投資の絶好機」ととらえ、顧客の身になって提案してきたこと。

 「日本経済は本当に危険なところに来ています。年金制度や社会保障制度は崩壊し、消費税も上がっていく。自分なりのポートフォリオを作って資産運用をしていかなくては、間違いなく生きていけなくなります」。

増税、円安、東京五輪、低金利、インフレ、資産運用… 不動産投資のタイミングとは

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ