サイトマップ RSS

STOP温暖化「最後の警鐘」 IPCC報告書「温室ガス、今世紀末ゼロに」

2014.11.3 00:02

統合報告書のポイント

統合報告書のポイント【拡大】

 デンマーク・コペンハーゲンで総会を開いていた国連の「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)は2日、地球温暖化の深刻な悪影響を避けるために、今世紀末に温室効果ガスの排出量をほぼゼロにする必要があると指摘した統合報告書を発表した。報告書は今のペースで排出が続けば、21世紀末の平均気温は20世紀末に比べて最大4.8度上昇し、「深刻で、取り返しのつかない不可逆的な悪影響を及ぼす恐れがある」と指摘。これまでにない強い口調で抜本的対策の必要性を訴えた。総会に出席した専門家の一人は「これは科学的見地からの最後の警鐘だ」と述べた。

 統合報告書は、世界の科学者と政府関係者で構成されるIPCCが数年ごとに作る、地球温暖化の最新の科学的成果をまとめたレポート。世界の政策決定者に向けて温暖化の問題を分かりやすく説明することを目的とし、対策づくりのよりどころになっており、今回の報告書は5作目で改訂は7年ぶりだ。

 ■累積CO2残り1兆トン

 報告書では、産業革命前からの気温上昇を2度未満に抑えるとの国際目標を達成するためには、「1870年以降の二酸化炭素(CO2)の累積排出量を約2兆9000億トンに抑えなければならない」との新見解が示され、「既に1兆9000億トンを排出しており、今の排出が続けば、20~30年の間に上限を超え、目標達成の可能性が閉ざされる」と警告した。

 このため、今後の累積CO2排出量を1兆トン以下に抑える必要があり、達成への代表的な道筋として、「温室効果ガスの排出量を50年までに10年比で40~70%削減し、今世紀末にゼロにする」ことを対策として提示した。

 ■海面水位82センチ上昇も

 この目標は相当高い要求と言えるが、報告書では、実現には再生可能エネルギーの導入などさまざまな方法があるとし、技術的には火力発電所からのCO2を回収し地中などに貯留する「CCS」の重要性を明示。対策が経済に与えるマイナスの影響はごくわずかで、対策が遅れるほど後で高いコストがかかると説いた。ただ、CCSは実用化する方法が十分に確立されていない技術だ。報告書はさらに、今対策を強化しなければ、今世紀末には20世紀末と比べて海面水位が最大82センチ上昇する恐れがあると予測。海洋酸性化も進み、「放置すれば回復不能な事態になる」と警告した。

 気温の変化に追いつけない生物は絶滅の危機にさらされ、穀物生産や魚類の分布が変わるなどして食料の安全保障が脅かされる。報告書は、気候変動に伴い水害や高潮などで移住を強いられる人が増え、貧困の悪化などから紛争が起こる恐れも指摘した。記者会見で、国連の潘基文(パンギムン)事務総長(70)は「今すぐ気候変動に対する行動を取れば、持続可能な世界は実現できる」と述べ、対策を促した。

 今回の総会では、京都議定書に代わる新たな地球温暖化対策の国際枠組みの国際交渉で示された、世界の平均気温の上昇を産業革命前と比べて2度未満に抑えるという「2度目標」に疑義を挟んだのは一部の産油国だけだったという。目標に向けての国際的コンセンサスはすでに形成されており、科学的根拠に関して議論し、神学論争で時間を浪費している段階ではない。

 国際社会は今後、報告書を参考にしながら、来年末にパリで開かれる気候変動枠組み条約の第21回締約国会議(COP21)で2020年以降の温暖化対策の国際枠組みに合意することを目指す。現実的で具体的な対策を打ち出すことは、もはや、待ったなしだ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ