サイトマップ RSS

【安倍政権考】左派勢力 メルケル氏利用し主張 (1/4ページ)

2015.3.22 08:20

根津美術館で展示品を鑑賞する安倍晋三(しんぞう)首相(左)とドイツのアンゲラ・メルケル首相=2015年3月9日、東京都港区(代表撮影)

根津美術館で展示品を鑑賞する安倍晋三(しんぞう)首相(左)とドイツのアンゲラ・メルケル首相=2015年3月9日、東京都港区(代表撮影)【拡大】

 「メルケル首相を8年ぶりに再び総理大臣として日本にお迎えできました。『アンゲラ』の来日を契機として、世界の平和と繁栄に貢献する2国間関係がさらに発展していくことを期待します」

 安倍晋三首相は9日、官邸にドイツのメルケル首相を迎え、首脳会談の冒頭にこう語った。メルケル氏が官邸を訪れるのは8年前の第1次安倍政権以来。とかく日本とは疎遠といわれてきたメルケル氏だが、安倍首相は第2次政権発足以降、国際会議などでメルケル氏と頻繁に会談を重ね、「アンゲラ」とファーストネームで呼びかけるほどまで関係を深めた。

 実際は和やかムード

 政府筋によると、9日夜に公邸の和室で開かれた夕食会も和やかなムードだった。

 会食の終了時、安倍首相は室内に飾られていた伊藤博文の書を紹介、伊藤が大日本帝国憲法を作る際にドイツの前身であるプロイセンの憲法を参考にしたことに触れると、メルケル氏も興味深そうに話を聞いていたという。

司会:朝日新聞の西村陽一取締役編集担当/質問者:姜尚中・聖学院大学長

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ