サイトマップ RSS

オーストラリア・ノーザンテリトリーの旅(上) 雄大な自然に刻まれた地球の歴史  (1/4ページ)

2016.1.15 17:30

ダーウィンのミンディルビーチ。ティモール海に沈んでいく夕陽を眺めに、夕暮れ時には多くの人が集まってくる=2013年7月20日、オーストラリア・準州ノーザンテリトリー(詩歩さん撮影)

ダーウィンのミンディルビーチ。ティモール海に沈んでいく夕陽を眺めに、夕暮れ時には多くの人が集まってくる=2013年7月20日、オーストラリア・準州ノーザンテリトリー(詩歩さん撮影)【拡大】

  • ダーウィン市内にあるクロコザウルス・コーブでは、物騒な名前がついた「ケージ・オブ・デス」に入ってワニと一緒に泳ぐことができる。目の前を泳ぐ巨大なワニは迫力満点=オーストラリア・準州ノーザンテリトリー(詩歩さん撮影)
  • オーストラリア最大のカカドゥ国立公園に広がる湿地帯。多様な生物が生息している=オーストラリア・準州ノーザンテリトリー(詩歩さん撮影)
  • セイドウシロアリが作ったアリ塚。大きいものは高さ6メートルにもなる=オーストラリア・準州ノーザンテリトリー(詩歩さん撮影)
  • 「ロック・アート」と呼ばれる、古代アボリジニが描いた壁画。人、動物などさまざまなものが描かれている=2013年10月3日、オーストラリア・準州ノーザンテリトリー(詩歩さん撮影)
  • カカドゥ国立公園へ向かう途中にある「Wildman_Wilderness_Lodge」。大自然を満喫できると同時に、最上級のもてなしを提供している=オーストラリア・準州ノーザンテリトリー(詩歩さん撮影)
  • オーストラリア・準州ノーザンテリトリー
  • 「死ぬまでに生きたい!世界の絶景」を運営するプロデューサー、詩歩(しほ)さん(本人提供)。(C)Noriaki_Miwa

 日常生活の煩わしさから自分を解放したくなったら、雄大な自然に触れる旅に出てみてはいかがでしょうか。その旅先として、オーストラリアのノーザンテリトリーをお勧めします。

 ノーザンテリトリーはオーストラリア中央北部に位置する州で、砂漠や湿原が広がるエリア。長い年月にわたる隆起や浸食作用によって造られた地形を見ることができ、熱帯雨林で暮らす多くの動植物に出合うこともできます。オーストラリアの先住民であるアボリジニも多く暮らしています。

 州の北部と南部で、風景や気候が大きく異なるのも特徴。北部はトップエンドと呼ばれ、湿地と熱帯雨林エリアで、年間を通して気温が高く、雨期と乾期に分かれています。南部は赤土の砂漠が続きレッドセンターと呼ばれ、朝晩の気温の差が激しく雨が少なく乾燥しています。

 自己紹介が遅れましたが、私は現在、フェイスブックページ「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」を運営しています。私とノーザンテリトリーとの縁は、大学時代にさかのぼります。友人たちと卒業旅行で訪れ、キャンピングカーで移動している途中、交通事故に遭い重傷を負ってしまったのです。

動植物の織り成す「絶景アート」を満喫したい!

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ