サイトマップ RSS

あなたの好奇心はどこにでも接続しうる 幅允孝  (1/5ページ)

2016.2.7 10:30

おいしい珈琲とともに車を巡る本を楽しめる「CARS&BOOKS」。棚には「隠れ車本」も並ぶ=2016年1月4日(提供写真)

おいしい珈琲とともに車を巡る本を楽しめる「CARS&BOOKS」。棚には「隠れ車本」も並ぶ=2016年1月4日(提供写真)【拡大】

  • おいしい珈琲とともに車を巡る本を楽しめる「CARS&BOOKS」。棚には「隠れ車本」も並ぶ=2016年1月4日(提供写真)
  • コト・ボロフォ「VROOM!_VROOM!」(Steidl、65ドル、提供写真)
  • コト・ボロフォ「ROLLS-ROYCE_MOTOR_CARS」(Steidl、16.75ドル、提供写真)
  • コト・ボロフォ「La_Maison」(Steidl、473ドル、提供写真)
  • 「ちびまる子ちゃん_わたしの好きな歌」(さくらももこ著/集英社、390円+税、提供写真)
  • 【本の話をしよう】ブックディレクター、幅允孝(はば・よしたか)さん(山下亮一さん撮影、提供写真)
  • メルセデスベンツ_300SLクーペ(幅允孝さん撮影)
  • ダットサン_フェアレディSP310型(幅允孝さん撮影)
  • ロールスロイス_40/50HP_シルバーゴースト(幅允孝さん撮影)
  • フォード_モデルT(幅允孝さん撮影)

 【本の話をしよう】

 みなさんは愛知県長久手市にあるトヨタ博物館をご存知ですか? つい最近まで僕は行ったことがなかったのだけど、あのトヨタ自動車が運営している車の博物館が、じつに愉しい場所なのだ。

 名前の通りトヨタ車がずらーっと並んでいるのかと思いきや、なんと他社の車にも寛容なトヨタ博物館。車と人の来歴を振り返るべく、1909年製のフォード モデルTや10年製のロールスロイス40/50HPシルバーゴーストなど、大衆車の黎明(れいめい)期を支えた名車がお出迎えしてくれる。個人的に胸を熱くしたのが、美しいスポーツカーの系譜。アニメ「化物語」シリーズファンにはお馴染みのダットサン フェアレディSP310型や、同じくアニメ「fate zero」でセイバーが運転する55年製のメルセデスベンツ 300SLクーペのガルウイングを初めて目撃した僕は、感嘆のため息を一人漏らしていた。女性以上にグラマラスな車って、確かにあるのだ。

 さて、そんなトヨタ博物館に2016年から「CARS&BOOKS」というブックカフェが新設された。僕は、そこに本棚をつくる仕事をさせてもらったのだが、今回はそこでの「車を巡る選書」について書いてみたい。

趣味全開のボロフォ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ