白川総裁、国内外で割れる評価 デフレと格闘の5年間 (1/4ページ)

2013.3.8 08:00

白川総裁

白川総裁【拡大】

 2008年4月の就任以来、日本経済を約15年にわたって悩ませているデフレと格闘してきた日銀の白川方明(まさあき)総裁。5年の在任期間で最後となる定例の金融政策決定会合を7日に終えた。これまでの歩みを振り返ると、評価の異なる2つの顔が浮かび上がる。

 「不合格」の烙印

 通算75回の決定会合のうち15回、資産買い入れ額101兆円(13年末までの残高目標)-。利下げや資産買い取り基金の増額など、この5年間に日銀が決めた金融緩和を示す数字だ。

 安倍晋三政権や次期日銀総裁候補の黒田東彦(はるひこ)アジア開発銀行総裁らは、白川日銀の金融政策に「不合格」の烙印(らくいん)を押した。だが、こうした数字は、白川氏が「15年デフレ」に挑み、世界でも異例の大規模金融緩和を主導したことを示す。では、白川氏の政策のかじ取りが評価されないのはなぜか。

 「日本の緩和は、市場へのインパクト(影響力)が弱かった」。日本取引所グループの斉藤惇最高経営責任者(CEO)が、2月末の記者会見で漏らした言葉がその答えだ。

副作用を恐れて、緩和を渋り、競争で後れをとった白川氏

  • アベノミクスの前途を思う 一抹の不安…物価上昇で家計はどうなる?
  • 加速するアベノミクス効果 経済界に歓迎ムード高まる
  • 韓国の不可解な日本製品不買 セオリー無視?アベノミクスに恨み節か
  • アベノミクスに海外から信頼感 「年末に1万4500円」との見通しも

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!