34億人の巨大経済圏へ初会合 東アジア経済連携

2013.5.10 06:00

 日本と中国、韓国、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国など16カ国による「東アジア包括的経済連携(RCEP)」の初交渉会合が9日、ブルネイの首都バンダルスリブガワンで始まった。約34億の人口を抱え、世界の国内総生産(GDP)の約3割を占める巨大経済圏の実現に向け、2015年末までの交渉妥結を目指す。

 13日までの会合では、交渉の対象分野や進め方を確認するとともに、作業部会で関税削減や投資ルールの統一、サービス貿易の自由化などの協議に着手する。知的財産権や経済協力、紛争解決などに関する議論も進める。

 会合の冒頭で、議長国のインドネシアの代表は「より高レベルで、相互に利益のある連携を目指す」と意欲を示した。

 昨年8月に定めた交渉の基本指針では、各国が締結済みの自由貿易協定(FTA)よりも「高いレベルの関税自由化」を目指す方針を掲げた。日本は環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)や日中韓FTAなどの交渉と並行して進めることで、RCEPの議論を主導したい考え。

 ただ、中国やベトナムなど新興国は国内産業の保護・育成を重視しており、各国がどこまで譲歩できるかが焦点となる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!