インドネシア製紙最大手、自然林伐採停止を宣言 持続可能な生産システム構築 (1/4ページ)

2013.6.11 10:00

  • 地平線まで続くAPPの管理下にある植林地(スマトラ島リアウ州、同社ヘリから)

 インドネシアの製紙最大手、アジア・パルプ・アンド・ペーパー(APP)グループは今年2月、インドネシアのサプライチェーン(供給網)における自然林伐採の即時停止を宣言した。紙・パルプの生産能力が年間1800万トンを超え、世界最大級の製紙メーカーに成長したAPP。森林資源に依存する製紙メーカーとして下したこの決断は、持続可能な産業システムを世界に示す新たな挑戦であり、企業責任を伴う国際公約といえそうだ。

 1日100万本植林

 APPは、インドネシア最大の財閥、シナール・マス・グループ傘下にあり、生産能力は米ナショナル・ペーパーに次ぐ世界第2位。中国にも生産拠点を抱え、オフィス用品のほか、印刷用紙、家庭紙などを手がける総合製紙メーカーで、アジアを中心に約120カ国で製品の販売事業を展開している。

 しかし、1972年の設立から約40年で世界トップクラスの製紙メーカーに成長した陰では、世界自然保護基金(WWF)など環境保護団体から自然林の伐採について批判されてきた。

インドネシア社会が抱える複雑な事情も絡み、論争は長期におよんだ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!