行き過ぎたハリウッド商業主義 スピルバーグ&ルーカスの“爆弾発言”で物議 (1/6ページ)

2013.6.23 18:00

今年の第66回カンヌ国際映画祭で審査委員長を務めたスティーブン・スピルバーグ監督=2013年5月19日(AP)

今年の第66回カンヌ国際映画祭で審査委員長を務めたスティーブン・スピルバーグ監督=2013年5月19日(AP)【拡大】

  • テレビアニメシリーズ「スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ」で自身初となるエミー賞を受賞したジョージ・ルーカス監督=2013年6月16日(AP)

 以前の本コラムで、世界の映画産業の中心地、ハリウッドを抱える米国では最近、早くも3D(立体)映画が飽きられ始めているというお話をご紹介しましたが、その中で、米国では映画館自体の数もどんどん減っているという状況もご説明させていただきました。

 AP通信が全米劇場主協会の調査結果を引用して報じたのですが、米国では1995年に7151館あった映画館が、2011年には約25%減の5331館に減っているというのです。

 デジタル化や3D化への設備投資ができず、泣く泣く廃業する映画館が増えていることと、自宅のホームシアターでDVDを楽しむ人の急増が原因なのですが、個人的には3D映画が飽きられ始めているということよりも、映画館の数が加速度的に減っているということの方が衝撃でした。実際、ここ数年、ハリウッドの業界関係者や知人らから「最近、若年層が映画館で映画を見なくなった」という嘆きの声をよく聞いていたからです。

 そして、こうした深刻な状況を受け、業界関係者どころか、ハリウッドを代表する超大物2人が最近「今のままではハリウッドの映画産業は内部崩壊する」と発言し、物議を醸しているのです。

ハリウッドの代名詞のような要人が、まるで“自己否定”するような発言

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!