REIT不動産取得3倍、7年ぶり最高更新 今年見通し (1/2ページ)

2013.12.10 06:08

REITによる不動産取得総額と資金調達額

REITによる不動産取得総額と資金調達額【拡大】

 金融緩和や東京五輪追い風

 不動産投資信託(REIT)によるオフィスなどの物件購入が活発化している。取得額は年間で2兆2000億円を超えて前年の約3倍に膨らみ、7年ぶりに過去最高を更新する見通し。背景には大規模な金融緩和や2020年の東京五輪開催決定で、不動産価格の上昇が後押しされるという期待感の高まりがある。

 REITは、投資家から集めた資金でオフィスビルなどを取得し、賃料収入や売却益を投資家に分配する仕組み。不動産証券化協会によると、REITによる1~10月の不動産取得総額は、前年同期の2.9倍に当たる1兆9087億円。取得予定を含めた11月以降の案件を加えると、年間で少なくとも2兆2800億円規模となり、従来の最高だった06年の2兆1603億円を上回る。

 大型案件も多く、2月に三井不動産系の日本ビルファンド投資法人などが東京・大崎のオフィスビルをソニーから1111億円で購入。森トラスト総合リート投資法人などは320億円で東京・渋谷の大型商業施設を取得した。

「REITは不動産市場の最大のプレーヤーになりつつある」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!