企業の農業参入を後押し 規制改革会議 「攻めの農政」へ改革案 (1/2ページ)

2014.5.14 05:48

 政府の規制改革会議(議長=岡素之住友商事相談役)が検討している農業改革案が13日、明らかになった。企業の農業参入の規制緩和や全国農業協同組合中央会(JA全中)の権限縮小、農業委員会の運営見直しの3点が柱。14日の規制改革会議で提案し、政府が6月にまとめる新たな農業強化策や新成長戦略への反映を目指す。

 同会議は規制緩和や農協改革に切り込む姿勢を示し、政府の「攻めの農政」を後押しする考えだが、自民党やJAグループもそれぞれ議論を進めており、調整は曲折が予想される。

 改革案は、農地取得も可能な「農業生産法人」に対する企業の出資を50%未満まで緩めるよう提案。現行の農地法は食品関連企業など一部の企業を除き全株式の25%以下に規制しているが、規制緩和で企業の農業参入を促す。

 農協改革では、グループを束ねるJA全中が各地域の農協に対して行う事業や経営指導の権限「指導権」の廃止を求める。JA全中の権限を縮小し、各地域農協の自由な経営を可能にして創意工夫を引き出す仕組みを目指す。また、JA全中など上部団体に利益の一部を納める「賦課金制度」の廃止や全国農業協同組合連合会(JA全農)の株式会社化も提案。地域の農協金融事業を全国組織である農林中央金庫の代理業として組み込むことも盛り込んだ。

生産コスト低減や高付加価値化につながるプロジェクトを立ち上げ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。